MENU

ニキビと便秘の意外な関係

私は10代の頃から慢性的なニキビ肌でした。
私の場合、白ニキビと赤ニキビがメインでしたので、皮膚科に通って、内服薬や軟膏、液体の外用薬を処方してもらったり、洗顔石鹸をニキビに効果があるものは一通り試しました。
基礎化粧品もニキビ対応なものに変更し、エステに通ってエステティシャンからプロのケアを受けたり美顔器を購入して自宅で自分でケアをしたり、一通りの事は試しました。
しかし、ニキビができていると、毎日自分の顔を鏡で見るのがたまらなく、嫌な気分にさせます。
それが、すごく自分の中でストレスに感じました。

 

私の場合、口の周りに良くできていたので調べてみると、便秘を原因としてニキビが発生している事が分かりました。
私は慢性的な頑固な便秘だったのです!!そして、ニキビを克服するために、腸内環境を整えることに集中しました。
肌荒れが発生するメカニズムと基本的に似たプロセスをもちます。

 

便秘による腸内環境の悪化により悪玉菌が増殖することで、お肌のトラブルが起きやすい状況を作ってしまうことになります。
ですので、病院で処方される内服薬で調整することにより、便秘も改善し、ニキビも少しずつ安定して来ました。

関連ページ

肌の乾燥を防ぐ簡単ですぐに実践できる方法
肌の乾燥に悩んで、いろんな化粧品を試しても効果がなかった時に変化をもたらしてくれた方法です。簡単に誰にでもできるやり方なのでおすすめです。
天然の美肌は産まれもってのラッキー
私は肌が弱く、特に日焼けに弱いのです。それは、私の父から譲り受けた肌質です。 すぐに吹き出物や皮むけができます。